お金の管理機能が失われてきた

平成8年に主人が店を継いでから、

生活費は全面的に私たちが遣り繰りしている。

お母さんには年金をお小遣いとして自由にしてもらっていたが、

この間、

「もう手持ちのお金が無い」

と言ってきた。


今までなら、自分で銀行へ行き、

必要な分を出して居た筈(関知していなかった)だが、

わざわざそう言って来たもので、

「出し方分かる?」と聞いてみた。


すると、


「随分前に下ろしたきりやし、分からんわ。」


という答え。


それなら、と通帳を預かり、銀行へ行ってみると、


最後に出金されたのは去年の12月。


10か月前だった。




それまでは、3か月~6カ月の間隔で

銀行へ行っていた履歴になっていたので、


どうも出せなくなったのは

この4カ月~7か月の出来事のようだ。


3か月前に始めて物忘れ外来に行ったのだから、

ほぼ、生活に支障が出た後すぐに

受診した形になる。(よね?)





なんだか、凄く早く受診させる事が出来たんだなという

変な満足感を持った。(笑)




同居しているにも関わらず、発見や受診が遅れた



なんて事にならなくて良かった。


私は嫁なので、変な所に気を使うのである。(笑)




なんだか預かるのは気重な母の通帳だが、

義姉にも現残高を報告し、

私が管理する事になった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック